奈良市月ヶ瀬 鈴木ファーム 中井英人さん

オーガニックフードアンドスイーツ

有機野菜

 

マッチョな農業ではなく、人にも環境にも優しい畑にしたい。

鈴木栄さん、中井英人さん

奈良市月ヶ瀬 鈴木ファーム

鈴木栄さん、中井英人さん

食べて「うまい」と言える野菜を

鈴木さん(写真右)と中井さん(写真左)の二人三脚で、無農薬、有機栽培で野菜を作っています。鈴木ファームは三重と奈良の県境にあり、畑の周りは山以外何もないというくらい緑豊かなところです。この農園が目指していることは、食べて「安全」はもちろんのこと、その上の「うまい」にこだわり続けています。子どもたちに「野菜を食べなさい」と言わなくても、夢中で食べてくれる。土の味がそのまま反映され、嫌なえぐみがなく、後味の悪さもなく、自然な甘みがある野菜作りです。

子どもたちが喜んで食べる野菜を。
子どもたちが喜んで食べる野菜を。
冬の大根は自然な甘みがあり人気。
冬の大根は自然な甘みがあり人気。
生協の組合員が畑を見学に。
生協の組合員が畑を見学に。

 

農薬の使い方を知りません

「農薬の使い方を知らない」と言う鈴木ファームでは、病害虫の対策はどうしているのか。対策の一つとして、作付けと作付けの間に草を敷き、それを畑に帰らせる方法「緑肥」を行っています。そうすることで、土を肥やし、病害虫の回避にもなります。肥料は、自家製のぼかし肥(自家製平飼い鶏糞、米ぬか、魚粉、カキ殻、油かす)や、動物性有機肥料を、本来の土の力を引き出すように、なるべく控えめに与えています。

また、味わい深い野菜に育てるには、農薬を使わず、有機肥料を使って栽培することも大切ですが、野菜に「大きくなれよ」と声をかけ、我が子と同じように愛情を注ぎ、よく観察し、丁寧に扱うこともとても重要だと言います。

 

見た目にもやさしい畑です

ビニール資材を沢山使ったり、肥料をどっさり与えるなど、マッチョな農業はしたくない。ビニール資材には頼らず、草は土に帰し、自然と共存する、見た目にも環境にもやさしい農業を続けていきたいと考えています。